前へ
次へ

薬を複数飲むときに便利な一包化

病気をして医療機関を利用すると医師から処方箋を作成してもらいます。風邪でも複数の種類の薬を渡されるときがありますが、もっと重篤な病気だとたくさんの種類の薬を処方されるかもしれません。すべてが同じタイミング、同じ量なら良いですが、量もタイミングも異なるとなると飲むときに苦労しそうです。そこでお願いできることとして一包化があります。これは一回に飲む薬を一包化してくれるサービスで、処方箋を作成してもらうときに依頼をすれば書いてもらえます。そして調剤薬局ではその情報を元に一包化してくれます。一包化はちょっとした作業が必要になるために調剤量が加算されるのが一般的です。薬の種類が大変な時や飲み間違えると問題があるときなどは一包化した方がいいでしょうが、種類が少ない時などは一包化をしてもらうと薬の料金がアップするのであまり良いとは言えません。処方箋で一包化するようになっていても調剤薬局で一包化を断れるときもあるので、薬の料金が気になるなら一包化しないようしてもらいましょう。

Page Top